ユーザーID パスワード

技術情報

  • FAQ よくある質問
  • 個人ユーザー向けサービスのお手続きについて
  • 開発者のみなさまへ Google Playでの注意事項
  • M2Mソリューション
  • (PR)FAQを利用してお問い合わせコスト削減

コード&コラム

第5回
カメラを使ってみよう(前編)


はじめに...

第3回、第4回とHTTP通信を使ってインターネットに接続し、データのやり取りを学びました。
第5回、第6回は端末に備わっているカメラを使ったAndroid™ 向けアプリを作っていきます。また後半ではマイクを利用することにより、よりインタラクティブなアプリに仕立てていくことを目指します。

なお、お手元にAndroid™  搭載端末がありませんとアプリの完成時に動作確認がしづらくなってしまいますので、なるべくAndroid™  搭載端末上でアプリを実行できる環境にて作業することをオススメします。

今回は以下の3ステップにて勉強を進めていきます。


第5回 カメラを使ってみよう(前編)
 Step1 プロジェクトの作成とフルスクリーンの設定
 Step2 カメラ機能の実装
 Step3 タッチで撮影、保存してみよう

サンプルコード

第1回 リファレンスコード(文字列編)

第2回 リファレンスコード2(グラフィックス編)

第3回 リファレンスコード3(タッチイベント編)

第4回 リファレンスコード4(チェックボックス/ラジオグループ編)

第5回 リファレンスコード5(スピナー編)

第6回 リファレンスコード6(サウンド/ムービー編)

第7回 リファレンスコード7(トースト編)

第8回 リファレンスコード8(Google Maps API利用編)

第9回 リファレンスコード9(SQLite編)

第10回 リファレンスコード10(音声認識編)

第11回 リファレンスコード11(日付/時刻ダイアログ編)

第12回 リファレンスコード12(Bluetooth編)