ユーザーID パスワード

技術情報

  • FAQ よくある質問
  • 個人ユーザー向けサービスのお手続きについて
  • 開発者のみなさまへ Google Playでの注意事項
  • M2Mソリューション
  • (PR)FAQを利用してお問い合わせコスト削減

コード&コラム

第4回
通信するアプリを作ってみよう(後編)


はじめに...

前回はURLクラスを使用したHTTP通信を行い、ニュース情報のXMLファイルの取得を行いました。今回は取得したXMLを解析し、必要な情報の抜き出しを行います。
最終的にはニュースのタイトルとURLの対を取得し、ListViewを用いたタイトルの表示と記事の内容へのアクセスを実現するアプリケーションを作成します。

今回は若干複雑な内容が含まれますが、本格的なアプリケーションが実現できます!張り切って行きましょう!


img img

第4回 通信するアプリを作ってみよう(後編)
 Step1 XML解析
 Step2 ListViewによる記事の表示
 Step3 ボタンの配置とブラウザ呼び出し

サンプルコード

第1回 リファレンスコード(文字列編)

第2回 リファレンスコード2(グラフィックス編)

第3回 リファレンスコード3(タッチイベント編)

第4回 リファレンスコード4(チェックボックス/ラジオグループ編)

第5回 リファレンスコード5(スピナー編)

第6回 リファレンスコード6(サウンド/ムービー編)

第7回 リファレンスコード7(トースト編)

第8回 リファレンスコード8(Google Maps API利用編)

第9回 リファレンスコード9(SQLite編)

第10回 リファレンスコード10(音声認識編)

第11回 リファレンスコード11(日付/時刻ダイアログ編)

第12回 リファレンスコード12(Bluetooth編)