ユーザーID パスワード

技術情報

  • FAQ よくある質問
  • 個人ユーザー向けサービスのお手続きについて
  • 開発者のみなさまへ Google Playでの注意事項
  • M2Mソリューション
  • (PR)FAQを利用してお問い合わせコスト削減

コード&コラム

第1回
Android™ が気になる開発者に捧ぐ、Android™ 向けアプリ作成入門


はじめに・・・

みなさんもご存知の通り、スマートフォンの広がりは止まらず、勢いを増す一方です。
特にAndroid™ については、オープンソースということで多数の会社が開発しており、機種の選択肢もかなり増えてきました。


「Android™」とは

   Android™ とは、Linuxベースのスマートフォン及びタブレットPC等に向けて開発された携帯端末用のプラットフォームです。Android™ プラットフォームとは、OS、インターフェース、ミドルウェア、標準アプリケーションなどのことだと思っていて下さい。

   Android™ 向けアプリには、アプリのマーケットであるAndroid マーケット™ が提供されており、 現時点で提供されているアプリの総数は、すでに有料、無料を含め20万件を超えているほどの規模です。
そんな新しい成長株であるこのAndroid™ ですが、それを可能にしているのは端末内で利用できるAndroid™ 向けアプリです。従来のフィーチャーフォンの「S!アプリ」とは違って、全世界に向けて公開されるこのAndroid™ 向けアプリは、ベンチャー企業、ひいてはプログラマーの皆さまにとっても有力な新興市場として注目されているのではないでしょうか。
フィンランドのモバイルゲーム・デベロッパーRovio mobile社のAngryBirdsは1000万回以上のダウンロードを記録し、月間の売上が2億を超えたとも言われ大盛り上がりを見せています。ゲームだけではなく、様々なアプリケーションが公開されてくのも魅力で、公開されるたびにスマートフォンでの生活がどんどん便利になっていくといった感じで、大きな波の到来は誰の目にも明らかです。

   このシリーズでは、Android™ 向けアプリの世界に飛び込もうと考えている方向けに、分かりやすく開発の手順をレクチャーしていこうと考えています。最終的にはAndroid マーケット™ でのアプリの登録まで掲載していく予定ですので、一緒に頑張りましょう!

第1回目の今回は、「Android™ 向けアプリ制作入門」ということで、主に環境を整える作業が主になると思います。以下の3つのステップに沿って説明していきます。

   ※本稿は一定のプログラミングの知識を持っている方向けですので、予めご了承ください。


第1回 Android™ が気になる開発者に捧ぐ、Android™ 向けアプリ作成入門
 Step1 使用する開発言語、開発ソフトウェアについて
 Step2 開発環境を整えよう
 Step3 エミュレーターの実行とHello World


サンプルコード

第1回 リファレンスコード(文字列編)

第2回 リファレンスコード2(グラフィックス編)

第3回 リファレンスコード3(タッチイベント編)

第4回 リファレンスコード4(チェックボックス/ラジオグループ編)

第5回 リファレンスコード5(スピナー編)

第6回 リファレンスコード6(サウンド/ムービー編)

第7回 リファレンスコード7(トースト編)

第8回 リファレンスコード8(Google Maps API利用編)

第9回 リファレンスコード9(SQLite編)

第10回 リファレンスコード10(音声認識編)

第11回 リファレンスコード11(日付/時刻ダイアログ編)

第12回 リファレンスコード12(Bluetooth編)